神戸エステサロン|六甲道アンジェラ



神戸、六甲道の駅から徒歩5分
リラクゼーションサロン アンジェラ
完全予約制のプライベートサロンです。



印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



神戸市灘区友田町4-4-16グランシーマ305 
☎078−891−9636

HWB04100078.jpg

日焼け止めの選び方

シミやシワ、たるみなど、
お肌の老化による悩みは年々増えてきますよね。
お肌の老化を早めてしまう大きな原因のひとつに
紫外線による悪影響があります。

紫外線からお肌を守る事が
ハリのある健康的なお肌を維持し
美肌作りへの最大の近道だと考えています。

まずは、紫外線からお肌を守るために必要な
日焼け止めの選び方です。

通勤や短時間のお出かけでしたら、SPF30 PA++か PA+++
紫外線吸収剤フリーと表記のあるタイプがおすすめです。  

スポーツやアウトドアなど、長時間屋外にいて
汗をかく場合は
SPF40からSPF50 PA+++かPA++++
紫外線吸収剤紫外線散乱剤の混合されているタイプがおすすめです。
ぜひ、お肌のために使い分けをしてくださいね。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の詳しい説明は    ↓↓↓

特に敏感肌の方や乾燥肌の方は、
日焼け止めを選ぶ際は、気をつけてくださいね。
最近では、
紫外線吸収剤を使用しない日焼け止めでも長時間使用で
汗や皮脂に強いものもあります。

スプレータイプの日焼け止めをプラスで持ち歩くのもおすすめです。

そして、当たり前ではありますが、UV化粧品を使用した場合は
クレンジングでしっかりと落とす事が大切です。

しかし、汗や皮脂に強いUV化粧品を毎日使用し、
それをしっかりと落とすクレンジングは
洗浄力の強いモノも多く、必要な皮脂まで洗い取ってしまい
それが原因でお肌を乾燥させてしまっているかもしれません。

UV化粧品と合わせて クレンジングも選ぶ必要があります。

クレンジングについては
また次回説明したいと思います😊

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線吸収剤が紫外線を吸収
熱エネルギーに変えることで、
肌への浸透を防ぐというものです。

紫外線を吸収する際に
熱エネルギーに変えるという化学変化が
肌への負担にもなると言われています。
また、 紫外線を吸収することにより
酸化による肌への影響が高いため
使用頻度が高くなると、肌のもつ基礎体力を損なう可能性があります。

紫外線吸収剤は、SPFやPAの 高い日焼け止めに多く使用されています。
SPFやPAの高い日焼け止めは
日焼けに対して非常に有効ですが、長時間使用することで
紫外線吸収剤が肌へ与える影響も大きくなりますので
注意が必要です。

メリットは汗や皮脂にも強く
長時間の日焼けに対して有効である。
のびもよく使用感が良い。

デメリットは お肌に刺激が強い。
使用頻度に気をつけなければならない。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、 紫外線散乱剤が肌を覆い、
紫外線を反射して日焼けを防ぐものです。

紫外線吸収剤に比べ、お肌への負担も少ないのが特徴です。

ちょっとしたお出かけなど、洗濯物を干したりする場合であれば
紫外線吸収剤が少ないものや 含まれていない
SPFやPAの低い日焼け止めを利用することで、
肌への負担を防ぐことができます。

メリットは肌への負担が少ない
デメリットとしては、汗や皮脂に弱い。

※ 最近では パソコンやスマートフォン 液晶テレビから発せられる
ブルーライトもお肌の老化を進めてしまい
シミの原因になる可能性があると言われています。

ブルーライトをブロックするルテイン配合の日焼け止めがおすすめです。